エル トランスカンタブリコ
列車案内 体験 旅程 運行日・料金
サンチャゴ・デ・コンポステーラ レオン
1日目(土曜日)
サンチャゴ・デ・コンポステーラ ヴィヴェイロ
サンチャゴ・デ・コンポステーラのパラドールにて集合時間は12時。
千年を超える巡礼者の目的地で宝石のように輝いて見える大聖堂を訪れ、昼食後、専用バスにてフェロル駅から列車に乗車。
乗務員の歓迎を受けて歴史的地方都市ヴィヴェイロへ向かいます。
食堂車での夕食後にヴィヴェイロの旧市街を散策。
ヴィヴェイロ駅に朝まで停車中の列車で宿泊。
2日目(日曜日)
ヴィヴェイロ リバデオ
リバデオ ルアルカ
ルアルカ カンダス
食堂車でアラカルトとビュッフェ式の朝食をとりながら列車はリバデオへ向かいます。
リバデオはガリシア地方とアストゥリアス地方の境界に位置する街。
そこから専用バスでルゴ海岸を経て世界的に最も壮観なカテドラルビーチを訪れます。
列車に戻って昼食後、グリーンコーストの白い街として知られるルアルカを訪れます。
再び列車に戻ると列車はカンダスへ向かい、食堂車での夕食後。
カンダス駅に朝まで停車中の列車で宿泊。
3日目(月曜日)
カンダス アビレス
アビレス ヒホン
ヒホン オビエド
オビエド アリオンダス
列車はカンダスを出発し最初の目的地である歴史的な古代都市アビレスを訪れます。
その後、カンタブリア海沿いの文化都市ヒホンを訪れます。
そして、アストウリアスロマネスク芸術で輝く宝石のようなっサンフアンデロスプラドスの聖堂などを市内観光。
昼食後にも市内観光して列車に戻ると食堂車での夕食。
アリオンダス駅に到着後、朝まで停車中の列車で宿泊。
4日目(火曜日)
アリオンダス ジャネス
食堂車で朝食後、アストウリアス公国の中心地のピコス・デ・エウロパ国立公園へ移動。
最初エノル湖を訪れ、その後、コバドンガ礼拝堂へと移動します。
コバドンガ礼拝堂ではガイドより伝説の物語の説明があります。
昼食後、列車はカヤック国際川下りで有名なセラ川へ。
アストウリアスの素晴らしい漁村を訪問し自由行動を楽しんだ後、ジェネス夕食。
ジャネス駅に朝まで停車中の列車で宿泊。
5日目(水曜日)
ジャネス ポテス
ポテス カベソン・デラ・サル
朝食をとりながら列車はカンタブリアに入りUnguera駅から専用バスでラ・エルミダ渓谷を抜けてポテス駅へ。
この魅力的な村を訪問後に「LaHermidaSpaサーキット」を楽しみます。
自由行動後、ガウディ設計のカラフルは19世紀の建物Coillas街の邸宅を訪れます。
カベソン・デ・ラ・サルで夕食後、カベソン・デ・ラ・サル駅に停車中の列車で宿泊。
6日目(木曜日)
カベソン・デラ・サル サンタンデール
食堂車での朝食後、サンティジャーナ・デル・マルと石窟芸術で有名なアルタミラ博物館見学(レプリカ)。
昼食後に列車に戻りサンタンデールへ移動。
夕食後、希望者はエル・グランドカジノへ。
サンタンデール駅に停車中の列車で宿泊。
7日目(金曜日)
サンタンデール ビルバオ
ビルバオ カランタ
食堂車で朝食後、列車は重工業の衰退から再興したビルバオへ向かいます。
有名なグッゲンハイム現代美術館見学後に昼食。
その後、自由行動。
カランタにて夕食後、カランタ駅に停車中の列車に宿泊。
8日目(土曜日)
カランタ サンセバスチャン
最後の朝食を食堂車でとり、列車はビルバオに戻り専用バスで最終目的地のサンセバスチャンへ。
サンセバスチャンは独特の魅力があるスペイン屈指の国際観光都市。
サンセバスチャン観光後、解散してトランスカンタブリコの旅は終わります。
スペイン政府観光局推薦
会社案内
エル・トランスカンタブリコ 日本総代理店
株式会社 エアーインターナショナルサービス
東京都知事登録旅行業 第3-3485号
日本旅行業協会(JATA)会員
東京都港区南青山5-11-14 H&M南青山E-307 〒107-0062
TEL 03-5469-2751
FAX 03-5469-2758