エル トランスカンタブリコ グラン ルホ
列車案内 体験 旅程 運行日・料金
サンセバスチャン サンチャゴ・デ・コンポステーラ
1日目(土曜日)
サンセバスチャン カランザ
エレガントで美しい文化都市のサンセバスチャンのHotelマリアクリスチーナにて集合(集合時間は12時)。
受付後に昼食を済ませて市内観光。
その後、専用バスにて列車が待つビルバオへ向かいます。ビルバオ到着後、乗務員によるウェルカムドリンクサービスと食堂車での夕食を楽しみながら列車はカランザへ向かいます。

カランザ駅に停車中の車内で宿泊
2日目(日曜日)
カランザ ビルバオ
ビルバオ サンタンデール
食堂車での朝食から始まり列車は近代都市ビルバオへ。ビルバオでは有名なグッゲンハイム美術館を見学後に列車に戻り食堂車にて昼食。
列車はそのままカンタブリア地方のサンタンデールへ向かいます。サンタンデールで市内観光後は自由行動。
夕食後、希望者はエルグランドカジノへ。

サンタンデール駅に停車中の車内で宿泊
3日目(月曜日)
サンタンデール ポテス
ポテス カベソン・デ・ラ・サル
食堂車での朝食をとりながらウィンケラ駅まで移動。ウィンケラ駅にて専用バスに乗り換え。専用バスはエルミダ山峡経由で魅力的な村ポテスへ向かいます。
ヴァルネアリオデラエミルダの温泉を楽しんだ後、列車に戻って昼食。
ポテスから列車でカベソン・デ・ラ・サルへ向かいます。アントニオガウディが設計した印象的でカラフルな19世紀の宮殿エルカプリチョを訪れます。

カベソン・デ・ラ・サル駅に停車中の車内で宿泊
4日目(火曜日)
カベソン・デ・ラ・サル サンティリャナ・デ・マル
サンティリャナ・デ・マル ジャネス
食堂車で朝食をとりながら中世のままの美しい街サンティリャジャーナ・デ・マルへ向かいます。アルタミラ博物館【洞窟複製】見学後、食堂車で昼食をとりながらアストゥリアス地方のジャネスに到着後は自由行動。

ジャネス駅に停車中の車内で宿泊
5日目(水曜日)
ジャネス オビエド
オビエド カンダス
食堂車で朝食をとりながらアリオンダス駅へ。アリオンダス駅からは専用バスでアストゥリアス公国の中心地ピコス・デ・ヨーロッパ国立公園へ。
その後、エルノ湖から伝統と伝説の聖地コバドンガへ。
食堂車で昼食をとりながらアストゥリアス公国の首都オビエドへ移動し市内観光後は後自由行動。
食堂車で夕食をとりながらカンダスへ。

カンダス駅に停車中の車内で宿泊
6日目(木曜日)
カンダス アビレス
アビレス ヒホン
ヒホン ルアルカ
食堂車で朝食をとりながら歴史的中心地1000年の街アビレスへ。市内観光後、カリブ海の文化都市ヒホンの市内観光へ。
その後、コスタ・ベルデの白い街と称されるルアルカへ。

ルアルカ駅に停車中の車内で宿泊
7日目(金曜日)
ルアルカ リバデオ
リバデオ ヴィヴェイロ
食堂車で朝食をとりながらアストゥリアスとの境界に接しエオ川の河口に位置するガリシアのリバデオ駅で専用バスに乗り換えてラス・カテドラル海岸やリアス・アルタスの絶景を観光。
リバデオで昼食後、列車でヴィヴェイロ駅に移動し市内観光後、自由行動。

ヴィヴェイロ駅に停車中の車内で宿泊
8日目(土曜日)
ヴィヴェイロ サンチャゴ・デ・コンポステーラ
食堂車で朝食をとりながらフェロルへ到着。
専用バスでサンチャゴコンポステーラへ移動。
美しいオブラドイロ広場、プラテリアス、大聖堂などがあるサンチャゴ巡礼の目的地。

ここでトランスカンタブリコの旅は終わり。
スペイン政府観光局推薦
会社案内
エル・トランスカンタブリコ 日本総代理店
株式会社 エアーインターナショナルサービス
東京都知事登録旅行業 第3-3485号
日本旅行業協会(JATA)会員
東京都港区南青山5-11-14 H&M南青山E-307 〒107-0062
TEL 03-5469-2751
FAX 03-5469-2758